サーバ新規受付終了のお知らせ

サービスリニューアルに伴い、blue Box(2nd) 2006/12/15〜2009/09/07 のサーバ新規受付は終了しました。 専用サーバご検討中のお客様は、新しくなった「専用サーバ blue Box」をご検討ください。

なお、ご利用のお客様サポート、オプションのお申し込みは継続いたします。

HOME > パーツ > 帯域保証回線

帯域保証回線

専用サーバパーツ 帯域保証回線とは?

帯域とは、サーバが一定時間に流せるデータ量(転送量)の幅を示し、通信速度と同じ意味を持ちます。1秒間に送信することができるデータの量をbpsという単位で表します。弊社の提供回線は、このデータ幅が指定の数値を下回らない帯域保証制度を取り入れ ています。

標準提供の帯域保証回線を上回るトラフィックをご利用の際は 回線増速 の利用が可能です。

帯域保証回線1

シャーシ3以外のシャーシ用基本帯域保証回線です。

月額料金 ¥5,400
帯域保証 0.5Mbps

帯域保証回線2

シャーシ3専用の基本帯域保証回線です。

月額料金 ¥2,700
帯域保証 0.25Mbps

回線について
帯域と転送量の関係(最低帯域保証0.5Mbpsの転送量目安)

帯域幅1Mbps(1Mbit/sec)では、1/8MB(128KB)のデータを1秒間で転送することができます。帯域をデータ転送量に変換する計算式は、月間転送量(GB)=使用帯域(Mbps)÷8x60秒x60分x24時間x30日÷1000となり、「最低帯域:0.5Mbpsの場合の月間転送量は約162.38GBとなります。」

転送量とページビューの関係(例)

公開しているホームページサイトのページサイトの重さが1頁約25KBとして、 40ページで約1MB。一日6000ページビューで約150MB、月に約4.5GBとなります。 但し、これはサイトのトップページのビジター数という意味ではなく、 例えばトップページあるいは途中のページからアクセスした人が平均4ページ見ているとしたら、 ユニークなビジター数はその4分の1である 1,500となります。

転送量とアクセス数の関係(例)

サイトの重さ×1日のアクセス数として転送量を考えると、 TOPページの重さが約50KB で、一日の平均アクセス数が4,000ヒットとすると、 50KB×4,000ヒット=一日あたり200,000KB(200MB)の転送量但し、 実質的にはサイト全体ではもっと多いため、300MB/日ほどの転送量と想定し1ヶ月にして計算すると、 300MB×30日=約9GBの転送量となります。

規約 | サイトマップ

弊社はプライバシーマーク®認定事業者です。

2006.12.06 プライバシーマーク®取得しました。安心してサービスをご利用いただけるよう、個人情報保護の徹底に取り組んでいます。
>> 個人情報保護方針


運営会社
株式会社ハイパーボックス
ホスティングサービスを中心に「ユーザー視点」、「高品質・適正低価格」でのサービス提供。お客様に最上の安心をご提供するため24時間365日フルサポートを行っております。
関連サービスサイト
ドメインキーパー
ドメインサービス、ホスティングサービス、SSL証明書サービスを中心としたサービスの紹介。
ハウジングサービス blue Case
1Uからご利用可能なBTO型ハウジングサービス

専用サーバ blue Boxをご検討中のお客様はもとより、 データベースサーバ構築・ネットワークコンサルティングなども行わせていただいております。 サーバ、データベース、ネットワークのことなら、お気軽にご相談ください。



Copyright© 2019 HYPER BOX All Rights Reserved.